開業医へのインタビュー

はじまりは家の近くで見つけた空き物件から。場所と人に恵まれた開業。 まみ内科(内科・糖尿病内科・内分泌内科) 宮地真由美先生

まみ内科クリニックは、ふじみ野市に開業されたクリニックです。
甲状腺、糖尿病、リウマチなどの症状について、主に女性の患者さん向けに治療を行っています。

家のすぐそば、いつも通る場所で見かけた「テナント募集」

開業を決意した経緯をお聞かせいただけますか?

ずっと勤務医で、もともと開業する予定はなかったんです。

ある時、家の近くのコンビニが閉店になってしまったんですね。
そのあと何が入るのかな、と思っていたら「テナント募集」となっていたんです。

家のすぐ目の前で、勤務先に向かう時にいつもその前を通るのですが、「近くていいな。」と思ったんです。
勤務医を続けていても良かったのですが、場所がとても良かったので、ふとその気になって「ここで開業できないかな?」と思ったんです。

テナント募集の案内に連絡先が書いてあったので、そこに電話して、「まだ空いてますか?」「クリニックとして借りることはできますか?」と聞いたら、「大丈夫です」との回答をもらったので、「じゃあ借りたいんですけど・・・」というところから始まったんです(笑)。

そんな事がきっかけだったんですね?

勤務先の病院を辞めて大学に戻るか、それとも別の病院で働こうか・・・、などと悩んでいる時期でもあったので、「この場所だったらいいな・・・」という気持ちでした。
場所が気に入ったから開業を考えたという感じです。

その後の準備はどのように始めたのですか?

この場所が借りれることがわかったので、まずは場所を押さえておく事が必要がありました。
知り合いで開業された先生にお話を聞いたのですが、卸業者さんやメーカーさんに頼むと、その業者さんとのお付き合いやしがらみが出てくることもあるらしいので、どうしよう・・・と思っていたんです。

それでインターネットで検索してみたら、オクスアイさんを見つけたんです。
いくつか他のホームページも見たのですが、書いてある内容を比較してみて、オクスアイさんが良いかなと思い問い合わせのメールをしました。

すぐに返信があって、「一度お会いしましょうか?」という事になり、オクスアイ社長の金村さんにお会いしたのがきっかけです。

他の業者にも問い合わせされたのでしょうか?

いいえ、オクスアイさんしか問い合わせていません。
まずはオクスアイさんに話を聞いて、もし疑問に感じることがあれば別のところにも話を聞いてみよう、という感じでした。

1人だと決めかねたので、主人と2人でお話を聞いて、良いと思ったので、その場でオクスアイさんに頼むことを決めました。

信頼できるコンサルタント、そしてこの場所だからこその開業

開業をお手伝いするパートナーとして、どのあたりが信頼できたのでしょうか?

ただ「開業しましょう!」というのではなかったところですね。

「なぜ開業したいのか」ということや私の専門、経歴などもじっくりお聞きになり、ただ開業させれば良いという感じではなかったのが良かったです。

開業場所を決めていることはもちろん、診ている患者さんが何人いて、外来がどのくらいあって・・・、ということもお話をして、「だったらやれると思います」という答えに説得力がありました。

それと、オクスアイ社長さんの顔ですね。お顔が信頼できると思いました(笑)。

私はどちらかというと、のんきで、割とすぐに人を信頼してしまうほうなんですね。
主人は普段から心配性なタイプなんですが、その場で「いいんじゃない。」って言ってくれました。
主人が言うなら間違いないと思って、オクスアイさんに決めました!

そこから開業準備が始まったのですね?

去年(2015年)の7月頃にお会いして、開業場所を押さえて、そこから開業までのスケジュールを全部立ててもらいました。
クリニックのオープンは12月でも間に合ったのですが、年明けの1月の方が年度がわかりやすいというアドバイスもあって、今年(2016年)の1月に開業する事になりました。

勤務されていた病院も、開業場所の近くだったんですよね?

3つの病院に勤めていたのですが、その中で一番多く行っていたのが、この近くの病院です。
そのまま患者さんが通院可能な圏内にこのクリニックの場所があります。

この場所がもしなかったら、開業は別の場所でされていたのでしょうか?

たぶん、開業をしていないと思います。
家からすぐの場所ですからね。この場所だからこそ開業したいと思ったんです。

「おまかせ」でどんどん進んでいく開業準備

準備期間中、打ち合わせなどは多くしていたのですか?

いいえ、仕事を最後までしていたので、打ち合わせは最低限しかしませんでした。

開業の1ヶ月前は準備に集中することになっていたんです。
それまではギリギリまで患者さんを診ていたほうが、患者さんも安心するから、というアドバイスもいただき、メインの勤務先は開業の約1ヶ月前まで勤めていました。

そのため打ち合わせはほとんどメールで、会えたとしても毎月1,2回くらい、土日に少しだけ、といった感じでした。
開業の1ヶ月前までは、あまりお会いできなかったので、ほとんどおまかせでしたね。

テナント契約は問題なく進んだのでしょうか?

そうですね。契約のこともオクスアイさんが上手にしていただいたので、すごく助かりました。
賃料発生を開業する月からにしてもらったり、地主さんとうまく交渉してくれました。

クリニックの内装や設備で力を入れた部分はありますか?

女性の患者さん向けに、クリニックの色は優しい色で、木目調で落ち着いた感じにしてもらいました。

検査機器はしっかり入れたいと思ったので、機器の選定は結構がんばった感じです。
いくつかのメーカーに見積もり出してもらったり、ショールームに行ったりしました。
検査室もちょっと広くしてもらうようにお願いしました。

スムーズに開業準備が進んでいったと思いますが、その間何か印象に残っていることはありますか?

資金計画はすごくアドバイスしていただきましたね。
そういうことは考えずにご相談したので、自己資金に応じてどのくらい借りた方が良いのか、どこから借り入れしたほうが良いのか、などを教えてもらいました。

細かいことですが、窓口には何円札を何枚、百円玉を何枚必要なのか、そういうことも教えてもらいました。両替の仕方、銀行口座の作り方など、わからないことだらけでしたが、いろいろ教えてもらいました。

それに、開業の不安も慰めてくれました(笑)。
開業の直前になると、本当に大丈夫なのか、スタッフに給料を払えるのか、とても不安になってしまったんですね。
そんな時、オクスアイ社長の金村さんにやさしく「先生だいじょうぶ!」と言ってもらえました。いつでも相談に乗るからとおっしゃっていただき、心強かったのを覚えています。

タイミングの良いスタッフ集め

求人募集は大変でしたか?

私の場合、新規で募集はしませんでした。全員知り合いなんです。
今まで勤務していた病院で一緒に働いていたスタッフが来てくれました。

どんな感じでスタッフを集められたのですか?

昔の職場の同僚で、仕事とは関係なく仲良くしていたスタッフと会って話をしたんです。
「私開業しようと思うんだけど、手伝ってくれると嬉しい」と言ったら、快く「いいよ。」と言ってくれたので、まずその彼女が入ることが決まったんです。

それ以外は新規に募集するつもりでいたのですが、ちょうどその時期に、以前の勤務先のスタッフに近所で偶然会ったんです。

その子が「先生私病院辞めるの。」と言ったので、「私開業するんだけど、うちくる?」「いく、いく!」という感じで、来てもらうことになりました。
そのスタッフが、受付事務スタッフを連れてきてくれたんです。

で、元の勤務先の臨床検査技師にも先に伝えておこうと思って、「実は、私開業するの。」と言ったら、「先生私も辞めることにしてたのー。」と言われて、「じゃあうちくる?」という感じで、それで全員決まっちゃった感じです。

最高のタイミングでしたね?

そうですね。ちょうどそれぞれ職場を辞めたり、辞めようと思っていたタイミングだったので、良かったですね。
オクスアイ社長の金村さんにお伝えしたら、「知ってるんだったらそれが一番です。」とおっしゃってくれました。

とはいえスタッフの就業規則を作ることもわからなかったのですが、そういうのは全部やってくれて助かりました。スタッフへの教育や説明も全部おまかせでした。

これからも発展するクリニック

現在、開業して約半年ですね。勤務医時代と比べ変わった点、意識していることはありますか?

私たちの仕事は、患者さんが気に入って、満足してもらって帰ってもらえることで、成立するお仕事だと思っています。

病院で勤務していた頃よりも、患者さんとの距離の近さを感じます。待合室と診察室、検査室もすぐそばですからね。
クリニックの中で患者さんに快適に過ごしてもらうためにどうするべきか、スタッフとのミーティングもしながら、日々考えています。

勤務医時代よりも、時間的・精神的な余裕はある感じでしょうか?

今でも時間的にはきつい部分もありますが、自分のやりたい仕事ができて、自分がよくわかっているスタッフと仕事ができるのは、メンタル的にはすごく良いです。
遅くまでいてもすぐ帰れますし、精神的な負担はすごく減った気がします。

開業後もオクスアイのサポートはしっかりしていますか?

先日も来ていただきました。開業後は1,2ヶ月に1回くらい来ていただいて、患者さんの動向や件数などを見てもらい、経営的なアドバイスももらったりしています。
それに、後から必要になった内装工事やパンフレットの作成などについても、現在相談しているところです。
今後もお付き合いをお願いすると思います。

今後の目標はありますか?

まだ使いきれていない部屋がいくつかあります。
今は1人でだいじょうぶですが、患者さんが増えて後輩に手伝ってもらえるよう、診察室も余分にありますし、クリニックを大きくしていければと思っています。

最後に、現在開業を考えている先生方へアドバイスがありましたら、教えてください。

開業は1人ではできないと思います。
的確なアドバイスをしてくれる方、開業の立地、スタッフがポイントで、それに加えて経験とスキルがあれば、患者さんはついてきます。
それぞれをしっかり見つけることが成功の秘訣だと思っています。

インタビューに答えてくださったのは

■まみ内科クリニック

埼玉県ふじみ野市に開業。主に女性向けに、甲状腺疾患、糖尿病、リウマチなどの治療を行っている。

所在地
埼玉県ふじみ野市
開業年月
2016年1月
科目
内科・糖尿病内科・内分泌内科
開業の特徴
新規開業
ホームページ
まみ内科ホームページ

コンサルタントより一言

開業場所を見つけられたタイミングと、スタッフの方が一緒に働いてくれるタイミング、どちらも最高のタイミングで開業をサポートできたことを嬉しく思います。
先生のお人柄と医療に対する真摯な気持ちで、今後も地域の方にとってますます必要とされるクリニックになっていくことでしょう。
さらなるご活躍を願っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。