• TOP
  • 継承開業のすすめ

医院継承による開業のすすめ

医院継承を成功させるために

「長年経営してきた医院を子供に引き継いでもらいたいが、これからの時代に上手く経営していけるだろうか。」そのような悩みを持つ先生方が多いと思います。
また、「引退を間近に控えた父親の医院の立地を利用して、自分の開業を成功させたい」とお考えの先生方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私共は、医院の立地と医療環境を調査分析して、これからの時代に求められるクリニックの姿をご提案しながら、安心して医院継承したい先生方をのサポートします。

医院継承による開業に関する不安

  • 40年も前の古い建物で診療所もボロボロ。
  • 住宅地なので患者さんが来てくれるか不安だ。
  • 患者さんは昔からの顔なじみのお年寄りが何人か来ているだけ。
  • 建て替えには相当な費用が掛かりそうだ。借金して返していけるだろうか。
  • 古い建物なのでリフォームできるか不安だ。

医院継承による開業のメリット

  • 実家を継ぐので、固定費である家賃がかからない。
  • 長年の実績があり、地元に認知度が高い。
  • リフォームにより、投資する金額も期間も建て替えの半分程度で開業できる。
  • 住宅地にある場合、近隣で新規に開業する競合先が少ない。
  • 安定した診療圏を確保して、順調な経営を続けることが可能となる。

マーケット調査の必要性

  • 医院継承による開業の場合、昔は沢山の患者さんが来院していた診療所も、院長の高齢化と施 設の老朽化によって、地域の医療ニーズとかけ離れてしまい、昔からの顔なじみの患 者さんが僅かに来るだけとなってしまいます。
  • この様な状況で医院継承を考えても、誰しも不安になってしまうのは当然のことです。
  • そこで、地域の市場調査を行い、本来得るべき地域の医療ニーズを正確に把握することが必要となります。
  • 多くの場合継承の対象となる診療所は、築40年程度で住宅地に住居併用で開業した診療所が多いのですが、当然周辺人口は増大しています。近隣に新しい競合先が無い限りは医療ニーズも増大しているのですが、古い施設のために信用されず、地域の患者さんが他に流出しているという現象が起こっています。

リフォームによる医院継承で短期間でクリニックをリニューアル

  • 医院継承の際に重要なことは、従来のイメージを一新して、最新の医療機能を提供する事です。
  • 鉄筋構造の建物なら、柱と壁だけ残して設備と内外装を全て一新することが可能です。
  • 建て替えに比べて、工期も費用もおよそ半分で済みます。
  • 工期は約3~4ヶ月間、その間は仮診療所で診療を継続することで、収入も患者さんも途切れずに継続することが可能です。
  • 建物全体のメンテナンスをリフォームの際に行うことで、古い建物の耐用年数を伸ばし、長期間快適に利用する事が可能になります。

医院継承前と後

医院の経営譲渡について

「引退などで医院の経営を譲りたい。」また、「既存の医院を継承して開業したい。」という希望の先生方をサポート致します。 具体的なご希望内容をお知らせ頂ければ、随時、案件に関するご案内をさせて頂きます。

継承案件・ドクター登録

医院継承について、まずはお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせは03-3233-8669