• TOP
  • 開業成功6つのポイント

開業成功6つのポイント

数々の開業をお手伝いした経験から、成功する開業に必要な要素は大きく6つに分類されます。
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(どうして)How/How much(どのように・どのくらい)
を明確にすることで開業成功のポイントが見えてきます。

「孤独な開業医」にならない(Who「誰が」:自分自身)

勤務医時代と違って全ての判断を自分でできるという自由がある反面、責任も生まれます。
開業することによって、ご家族の方や勤務中の病院の患者さん達にも影響するため、できるだけ無理のないスケジュールと資金計画を立てる必要があります。
孤独になりがちな開業医にとって、全てを一人でやろうとせずに相談できるパートナーが必要です。

診療科目の差別化(What「何を」:開業科目)

開業するクリニックが周りに増えても揺るがない診療科目の「差別化」が必要です。勤務医時代の知識を生かしながら、地域の競合クリニックを意識した診療科目の設定が重要となります。
また、診療科目によって患者さんの受ける印象も変わります。例えば女性を対象にするなら「女性~科」など、初めての患者さんが抵抗感を持たず、自分のための科目であることを認識させることが重要です。
そのために、場合によっては無理に開業を目指すのではなく差別化のための勉強期間も大切です。

開業に出遅れない(When「いつ」:タイミング)

開業のタイミングは、特に開業直後の医院経営に影響します。
内科であれば患者さんが増える冬の時期に開業をおすすめしますし、ニーズが高まっている診療科目の開業については早めの開業をおすすめする場合があります。
良い物件も頻繁に見つかることもないので、開業をお考えの場合はタイミングを逃さないことを常に心掛ける必要があります。
さらに、心の余裕がなければ経営もうまくはいきませんので、開業直前であったも勤務医として働くことができるような、余裕をもったスケジュールが必要です。

開業の成功の5割は物件の良し悪しで決まる(Where「どこで」:場所)

場所の選定は非常に重要なポイントです。
家庭や日常生活との両立を目指して自宅の近く、医療の連携を目指して病院の近くなど、自分の希望条件ををまず決める必要があります。立地や地域によってそれぞれ特徴があり、自分にとっても最も適した開業物件を判断しなければなりません。
物件を実際に見て、開業に適しているかどうかや周辺の状況の確認が必要です。その前に、まずはその場所がどのような人口比や患者数で構成されているのかを推計することで、より有望なエリアをあらかじめ特定することで物件の選定がスムーズに進みます。

低リスクが基本(How/How much「どのように・どのくらい」:開業形態・開業資金)

開業をする場合、テナント開業が一般的です。ただし親族の方が医院を経営している場合、その医院をリニューアルして継承開業するという選択肢も考えられます。
開業資金については開業後に余裕を持てるような資金計画が必要です。確実な資金調達の手段と資金計画を明確にすることで安心した開業が可能になります。医院経営に慣れてきたら徐々に事業拡大していくというステップを踏むことで、安定成長が期待できます。

なぜ勤務医をやめて開業するのか(Why「なぜ」:開業する理由)

なぜ勤務医を辞めてまで開業したいのか、目的を明確にすることが重要です。
医院経営の成功は先生のモチベーションにかかっています。目的を明確にすることで、医院経営で行き詰った時でも問題解決の近道になります。

まずはお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせは03-3233-8669