過去のメールマガジン

成功する開業の基本

2011年01月15日配信
カテゴリ:クリニック開業の心構え

開業の「成功」とは何でしょうか?

先生方それぞれ違った考えはあると思いますが、「提供する医療が地域の 患者さんに喜ばれ、多くの患者さんが来てくれること」ではないでしょうか。

ご自身の経験と目指す医療をどのように活かしていくかはもちろん大切 ですが、患者さんが何を求めているかも知っておく必要があります。

例えば現在は心の病が広く認識され、メンタルクリニックの需要が高く、 多くの患者さんが来院されています。

また診療科目を単に「内科」にするのではなく、女性のための○○科、 社会人向けの○○外来といった、特定のニーズを持った患者さんを想定した 診療を考えるとうまくいくケースが多いです。

現在お勤めの病院と連携することも大切です。

入院を伴う病気については病院へ、ちょっとした相談や診察であれば クリニックへという棲み分けができるので、以前お勤めの病院と協力して 患者さんの診療をしている先生もいらっしゃいます。

昔よりもクリニック同士の競争が増えたとお考えの先生がいらっしゃるかも しれませんが、逆にご自身の専門性を見つめなおす良い機会かもしれません。

オクスアイでは、先生の強みや目指す医療をお聞きして最も適した方法を アドバイスしております。

実際に開業した先生の インタビューもホームページに多数掲載されています。 ぜひご覧ください

リスクの高い開業を避けて、低リスクで確実な開業を

オクスアイでは基本的にテナント開業をお勧めしています。

開業後のことを考えると、クリニックの経営を早期に軌道に乗せるため、 また開業後の不安や負担を最小限にするには、ある程度の資金の余裕 が必要だと考えています。

そのため、コンパクトで身の丈に合った開業をお勧めしています。 資金に余裕を持ち、早期に黒字化することで、開業後もスムーズに運営する ことができます。

「低リスク開業」のページについてもご参照ください。
http://www.okusuai.co.jp/introduction/low_risk.html

テナント物件の選定からお手伝いしています。お困りの先生は当社に ご相談ください。

資金が少なくてもあきらめずに

開業に必要なのはタイミングです。

自己資金が足りないという理由で、せっかくの開業のチャンスを無駄にする のは避けたいところです。

また、自己資金についてはなるべく使わないというのが原則です。

資金調達に関しては、三井住友銀行のドクターローンを利用すれば、担保も 保証人も不要です。

以前の記事に、ドクターローンの内容を詳しく説明してありますので ご参照下さい。

タグ一覧

メールマガジンの配信を申し込む

まずはお気軽にご相談ください。お電話でのお問い合わせは03-3233-8669