初月から黒字を達成する開業

開業前からいかに患者さんを集めるかがポイントです

最近では競合するクリニックも増加し、全くのゼロからの開業では成功がなかなか厳しくなってきました。
クリニックを開業して経営が軌道に乗るまで、通常の開業では平均で1年以上はかかってしまいます。
それでも開業当初から多数の患者さんが来院され、初月から黒字を達成しているクリニックがあるのをご存知ですか?
これからのクリニックの開業成功のポイントをご紹介いたします。

開業を決めたら、勤務先でより多くの患者さんを診察してください

開業すると家賃や人件費など、一定の費用は必ず発生します。
費用を上回るような売上(レセプト)で黒字にすることを考えると、開業当初から十分な来院患者数を確保することが必要になります。

先生方は目の前に迫った開業の準備で、診療に専念しづらくなる傾向があるようです。
しかし開業を決めたら、本当に大事なのは目の前の患者さんです。
患者さんとの信頼関係を築き、多くの方に新規開業したクリニックに来院してもらうことが、開業後のクリニック経営の成功のカギを握ります。

なるべく直前まで患者さんの診療に専念することで、信頼関係が継続し、集患の効果が上がります。

現在の勤務地の近くで開業を目指してください

勤務医時代の患者さんに来てもらうためには、その患者さんが通いやすい場所で開業する必要があります。
勤務先の近くであれば、それまで診ていた患者さんにとって都合が良く、多くの方に来てもらいやすくなります。

この場合、見方によっては既存の病院・クリニックから患者さんを奪うことにもなりかねませんので、勤務先との関係は良好である必要があります。
スタッフや関係者等、周りの人の応援が得られるよう、円満退職を目指してください。

寄せ集めのサポートではなく、総合的なサポートが重要です

開業直前まで患者さんを診療することが前提のため、基本的には勤務しながらの開業準備が必要です。
クリニックを開業するためには資金計画、物件の選定、クリニックの設計デザイン、各種届け出等、様々な事を同時並行で進めていかなくてはなりません。

それぞれを別の業者で進めていくと、打ち合わせや様々なやり取りだけでも手が回らなくなってしまいます。
また先生のご要望や与えられた条件とのバランスを取りながら、開業するクリニックのスペックを最適化していく必要があります。
全てをスムーズに進めていくためには、専門的で総合的なサポート体制を整えることが必要です。